DISCO

  • Album

    ルーザーズ | 吉田和史×夜窓

    2017.11.15 RELEASE / ¥ 2,500

    BRC-0001

    • 1.ニジンスキーの森
    • 2.円山町ラプソディ
    • 3.夜間避行
    • 4.絵具
    • 5.火曜日の夜
    • 6.いつか来た道
    • 7.愚か者の黄金
    • 8.勝手に呑まれろ/人生
    • 9.暗いよろこび
    • 10.飛ばない鳥
    • 11.ルーザーズ

    大都会の片隅で生きる 夢破れし者たちへのアンセム

    “うつむき系のカリスマ”と呼ばれるシンガーソングライター・吉田和史が20年近く温め続けてきた初のスタジオアルバムが遂に完成。大都会の夜を吸い込んだかのような哀しく刹那的な詞世界。そしてジャンルを超えた幅広い音楽性と普遍的なメロディ。それらがバンド『夜窓』のサウンドと一体となって重厚なポップミュージックへと結実した。シングル曲『円山町ラプソディ』、代表曲『絵具』を含む全11曲収録。ジャケットはアーティスト・片山真理による描き下ろしコラージュ。

  • Album

    誰もいない夜の果てを | 吉田和史

    2019.08.07 RELEASE / ¥ 2,500

    BCR-0002

    • 1. 誰もいない夜の果てを
    • 2. 近づかず 離れずに
    • 3. 絵具
    • 4. 埋葬
    • 5. 代償
    • 6. 疲れたね
    • 7. クリスマスを待ちながら
    • 8. 檸檬焼酎
    • 9. 太陽
    • 10. 夏の庭

    太宰治ゆかりの文壇バーで見出されたギター弾きが、
    五年の歳月をかけて綴った新宿での愛憎と孤独の日々―

    弾き語りにピアノとチェロを加えた簡素なアレンジで、歌そのものの魅力をストレートに伝えた本作。クラシックやアシッドフォークの影響を感じさせる翳りのあるサウンドに、場末の嗄れた声が哀しく響き渡る。孤高の高みに立つことなく、等身大の人間の孤独に寄り添った“眠れぬ夜のマスターピース”がここに完成。酒場のソングライター、吉田和史の黎明期をまとめた傑作アルバム。ジャケットデザインは「はっぴいえんど」「Y.M.O」「坂本龍一」「山下達郎」「戸川純」など数々の歴史的アーティストのLPジャケットを手がけたアートディレクター界の重鎮、奥村靫正が監修。



ページの先頭へ