NextStage

2019/02/11

WILD SIDE TOKYO

open: 未定 / start: 未定

adv: 未定 / door: 未定

未定

2019年の1発目のライブです。

出演時間等の詳細は、発表され次第掲載いたします。

この日は、リーダーMasakiが参加しているスラッシュメタルバンド grief of WARも出演予定です。

【チケット取り置きはこちらから】
https://ssl.form-mailer.jp/fms/981e888c424861


※チケットのお取り置きについて
「チケット取り置き」とは 、事前にお申し込みを頂き、当日に開場の受付にて代金をお支払いいただき入場いただくシステムを指します。
事前にお金を払う必要が無く、もし来られなかった場合にもキャンセル料は一切発生しませんのでお気軽にお申し込みください。
なお、チケットお取り置き受付の締め切りはライヴ開催日の前日までとさせていただきます。

Member Profile

Guitar

MASAKI


1999年に結成メンバーとしてプログレッシヴ・ハードロックバンド Tiananogue(ティアナノーグ)に参加。
2007年に活動休止になるまでに、アルバム2枚、シングル1枚をリリース。
その後ファンク系のバンドやアコースティックトリオなどで活動。
2014年にPapilio Effectcusを結成し、リーダーと作曲を担当。
2013年からはアメリカのレーベルからリリース経験のあるスラッシュメタルバンド grief of WARにも参加。

Twitter:https://twitter.com/Masa_Guitar_PE
Blog:https://ameblo.jp/masamiromasa/

Data

誕生日
2月21日

出身
東京

影響を受けたアーティスト
Scott Ian, John Petrucci, Tim Christensen

影響を受けたバンド
Anthrax, Cynic, Circus Maximus, Darkane, DGM, Dizzy Mizz Lizzy, Dream Theater, Freak Kitchen, Megadeth, Nevermore, Pain of Salvation, Seventh Wonder, Slayer, Shadow Gallery, Symphony X

使用機材
【ギター】Musicman JP7, Mayones Regius7 【アンプ】Mesa/Boogie Mark V, Mesa/Boogie Roadster , Vero City Effects Pedals

楽器を始めたきっかけ
幼少の頃、父がクラシックギター教室を自宅でやっていたのが始めのきっかけ

バンド歴
1999-2007:Tiananogue, 2012-:Warehouse18(Megadeth Tribute), 2013-:grief of WAR

BACK TO PROFILE

Other Member