NextStage

2018/12/22 (Sat)

三ノ宮バックビート

open: 16:00 / start: 17:00

adv: 2,000 yen / door: 2,500 yen

さいごのビルジャック@三ノ宮バックビート ※吉見拓哉とつゆ知らずにて

※+1ドリンク代500円

吉見拓哉とつゆ知らずの出番18:45~ 1Fバックビートにて

Profile

吉見拓哉(母、父、本人)

吉見拓哉 / 吉見拓哉とつゆ知らず

1988年7月22日生まれ。大阪と尼崎の境のどぎつい工業地帯で育ち、今も暮らしている。
16、7歳でギターを弾き始め、20歳前くらいに『金輪際』と言うサイケガレージのどぎつい2ピースバンドでそこそこ認知を頂いたものの、解散を招いて3年ほどのライブ活動を一切しない引きこもり期間に入る。
しかしその期間に『劇団しようよ』への参加・立ち上げを行って、劇伴奏での宅録や生演奏、路上ゲリラパフォーマンスでファズ踏んでおまわりさんとよく顔を合わしたりなどする。
そうこうしてるうちに24、5くらいになって、弾き語り活動を本格化。月3~5本ほどで現在も継続して活動中。
(2014年に『Allen'88』っちゅうまた2ピースで、半年ほどですが活動してました)

※2016年3月、ドラマーのアミモトタクトと共に2ピースバンド『吉見拓哉とつゆ知らず』の活動開始。初ライブ前に東京遠征が決まっていたり、個人的に滑り出しは好調な気がしてます。

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

ずーっとチバユウスケさんが好きで、毛皮のマリーズの『ビューティフル』とかカラオケで持ち歌です。
踊ろうマチルダさんを見て弾き語りを初めて、踊ってばかりの国の下津さんの弾き語りを見てもっとやりたくなりました。
かっこつけたらディランとかニール・ヤングとかスミスとかを日本語訳して歌ったり、仏教に傾倒したり、ジャック・ケルアックとか真夜中のカウボーイとかサリンジャーとか、萩原朔太郎とかこの冬のうちに宮沢賢治を読み込もうと思ったりとか、攻殻機動隊や内藤泰弘さんの新作を待ち望んでたり、バイトが終わればくそみたいな頭空っぽなアクション映画見たくなったり、朝走りこみをしながらラジオを聴いたり、ゲームボーイをしていたら明け方になったり、シューティングゲームが好きだったり、お酒があまり飲めなかったり…
長々とすいません。

塚本エレバティさんが家から近くて
梅田ハードレインさんや
扇町パラダイスさん。

などによく出させていただいております。

一銭でもくれるなら何処へでも、
見に来てくれるなら、何処へでも。

ty_722_yossan_43@docomo.ne.jp

2016/5/9吉見拓哉